戸籍収集

相続人の確定をするのに必要な戸籍を集めていきます。
必要となるものは以下の通りです。

 

【基本】
@被相続人の戸籍の附票または住民票の除票
 被相続人の最後の住所地を確認する書類。
 令和元年6月20日法改正より、戸籍の附票と住民票の除票の保存期間が150年間に延長された。
 ただし、改正前の保存期間は、どちらも消除または改製した日から5年間であったので、すでに保存期間を経過してしまっているものは発行不可。

 

 ※戸籍の附票とは、戸籍が作られてから現在に至るまでの住所が記録されたもの。
  住民票と似ていますが、住民票は住所地の役所で管理されているのに対し、
  戸籍の附票は本籍地の役所で管理されています。引っ越しをした人がいくつか
  前の住所から現在の住所までを証明したい場合に使うことがあります。

 

A被相続人の死亡から出生まで遡ったすべての戸籍

 

B相続人の現在の戸籍・附票(または住民票)

 

【兄弟姉妹が相続人になる場合】
@被相続人の両親の死亡から出生まで遡った戸籍
 被相続人の兄弟姉妹(異父母兄弟含む)が誰であるかを確定するために収集が必要。

 

【その他】
・廃棄証明
 戸籍の附票・住民票の除票が保存期間経過で廃棄されている場合に取得する。
 最後の住所が確定できないということの証明として用いる。

戸籍・住民票等の取得

原則として、ご本人に取得して頂きたいのですが、役所は平日しか空いてないですし、
お仕事の都合上、休みをとって取得するのはなにかと大変だと思います。
その場合は、行政書士は代理取得することが可能です。
代理取得する場合のは、委任状を前もって記入頂く方法と行政書士職権で取得する方法(職務上請求)があります。