夫の母の後見開始の審判申立ては、夫が亡くなった後には妻はできないのか?

【答え】
後見等開始審判の申立権は、四親等内の親族にあり、三親等内の姻族も親族として申立てできる。

 

【解説】
まずは用語を解説します。
親族とは、六親等内の血族、配偶者、三親等内の姻族jです(民法725条)。
血族とは、自然血族と法定血族があり、
自然血族は、親子、兄弟、いとこなど血のつながった関係です。
法定血族は、養子縁組による関係です。
姻族とは、婚姻によって親族となった関係であり、本人(成年被後見人となるべき者)から考えると、
本人の配偶者の血族三親等までと自身の血族の配偶者三親等までの2種類あります。
ちなみに、夫と妻の両親同士は姻族関係にはありません。

 

本人となる夫の母と、夫の妻は、姻族一親等です。
これは、夫の死によっても変わることはないので、
妻は夫の母について後見等開始の審判の申立てをすることができます。
ただし、夫の死後、妻は、姻族関係終了の意思表示ができるので、
意思表示をすれば夫の母の姻族関係ではなくなりますので
この場合は後見等開始の審判申立てはできなくなります。