財産目録の作成

どのような財産がどのくらいあったかを一覧にし、相続人がそれを基に分割協議をしていくための参考となる。
様式は特に決まっていない。
不動産、預金、株式、保険(相続財産ではないが記載することが多い)、貸付金、借入金等が記載されていればOK。